女性経験を擬似的に練習することで、本番も焦ることなくこなすことができます。

疑似セックスでトレーニング

早漏を改善したい場合には、疑似セックスをしてトレーニングするという方法があります。

 

疑似セックスとは、ラブドールなどを使い女性に見立ててセックスの疑似体験をすることです。

 

現在、市場に出回っているラブドール(ダッチワイフ)は、非常に精巧につくられており、顔も端正な形で作られており、シリコン製の素材で作られているものは、50万円近くするものもあり、女性の肌の感覚に近いものが堪能できるようになっています。

 

生身の女性と面と向かうと異常に興奮してしまう。

彼女の顔が異常に可愛く感じるので、性的な興奮が過度に高まってしまう。

 

という男性も多く、セックスをするのに緊張したり、興奮したりしてしまうことで早漏が誘発されることも少なくありません。

 

特に正常位のポーズになっても興奮しないために、ラブドールを使って疑似セックスをしておくことで本番で必要以上に興奮したり、緊張しないためのトレーニングになります。

 

 

これはラブドールが精巧に出来ているだけでなく、オナホールなどの疑似膣が組み込まれているので挿入してピストン運動することも可能です。
ピストンの強さを調節しながら、少しずつペニスに対する刺激に耐えるトレーニングをすることが大切です。

 

女性経験をたくさん積めばいいという人もいるけれど、彼女を愛しているので浮気はできない。

 

という人にとっては、このラブドールを使った疑似セックスがおすすめです。

 

ただしラブドールは彼女に見つかったら、絶対に引かれることは間違いないので、どうやってラブドールを隠すのかという課題が残るのがデメリットです。
また実際の女性とは違い精巧で美しい顔をしているけれど、自分から動いたり抵抗することがないので、実際の女性と対面してみるとラブドールと違うと感じることが多々あるのが特徴的です。