セロトニンを増やす生活のリズム

 

脳内物質のセロトニンが減るとアドレナリンが優勢になって「射精のスイッチ」が早く入ってしまいます。

 

 

セロトニンを増やす作用の早漏治療薬もありますが、日常生活の工夫でもセロトニンの分泌を増やすことができます。

 

多くの脳内神経伝達物質の中で、人の感情・行動に大きく関係しているのが、
ドーパミン、
ノルアドレナリン、
セロトニン
の3つです。

 

 

セロトニンの働き

ドーパミンは快感や幸福感じをもたらす快楽神経系にスイッチを入れる脳内ホルモンです。

ノルアドレナリンは危険に立ち向かったり、危険から逃避するなどのストレス回避行動のスイッチを入れます。
セロトニンはいろいろな神経系につながって、ドーパミンやノルアドレナリンによって過剰に興奮した神経を抑制する働きをしています。
落ちついた感情や行動のために欠かせない脳内ホルモンがセロトニンです。

 

 

もちろん早すぎる射精を落ちつかせるためにも必要なホルモンです。

 

 

セロトニンを増やすには次のような生活パターンが大切です。

 

<早起き>

セロトニンは朝起きて日光をあびると分泌が活性化します。
昼過ぎに起きて夕方まで頭が冴えない、というような生活パターンではセロトニンは不足がちになります。

 

<朝食をしっかり食べる>

朝食をとることで身体ははっきりと「覚醒モード」に入りセロトニンの分泌も盛んになります。
活動的でしかも安定した行動がとれる準備が整います。

 

<朝は頭を使い、午後は身体を使う>

仕事では午前中はなるべく体を使う仕事を、昼からは少し体を使う仕事をするのが人の1日の生理リズムに合っています。

 

<夜はできるだけからだと神経を休める>

暗くなると昼間分泌されたセロトニンはメラトニンにかわって睡眠の準備をします。
夜遅く神経を興奮させることはしないで、そのリズムに乗って就寝するようにしましょう。