タバコに含まれている成分ニコチンで早漏になりやすくなる?

タバコと早漏の意外な関係

 

タバコに含まれるニコチンに毛細血管の収縮作用があることはよく知られています。
初めてタバコを吸ったり、禁煙していた人が久しぶりに吸ったりすると、立ちくらみのようなめまいがするのは、毛細血管の収縮による一時的な脳貧血です。

 

タバコがEDの原因になるといわれるのも同じ理由です。
勃起には陰茎海綿体の毛細血管への血流が命ですから立ちの悪さを感じている人にとって、タバコはたしかに悪影響を与えます。

 

 

ではタバコと早漏には何か関係があるのでしょうか。

 

 

タバコが毛細血管を収縮させるのは、ニコチンに脳内物質のドーパミンを放出させる作用があるからです。

 

ドーパミンは報酬系の脳内ホルモンとも呼ばれ、人に快感や幸せな気分、昂揚感などをもたらします。

 

交感神経を優勢にして、行動を活発にしたり攻撃的にしたりする作用もあります。
ニコチンの吸収によって人は興奮状態になるといってもよいでしょう。

 

 

タバコ画像バナ-

「タバコを吸うと気分が落ちつく」というのはニコチンの離脱症状によるイライラが解消するという意味で、けっして神経の興奮が沈静化するわけではありません。

 

タバコを吸うと心拍数・血圧が上り、皮膚の表面温度が下がります。これは人が興奮したり、緊張しているときの自律神経の反応です。

 

 

早漏の原因の1つはセックスのときに交感神経が早く興奮して発射指令を出してしまうことです。

 

タバコを吸いながらセックスするわけではありませんが、交感神経が興奮しやすい人が喫煙で習慣的にそれを助長するのは、けっして良い影響を与えません。

 

 

タバコが影響しない人ももちろんたくさんいます。
そういう人は「関係ねえよ」と言うでしょうが、EDぎみ、早漏ぎみの人は敬遠しておく方が得策です。

 

そしてセロトニンを増やす生活のリズムを送りましょう。