お酒は神経を麻痺させる効果があるので、性感も鈍くなります。

早漏改善にアルコール

早漏を改善する一時的な方法としてアルコールを摂取するという方法があります。

 

アルコールなどお酒を飲むことによって、神経が麻痺して感覚が鈍くなる効果があります。
これはペニスの性感などにも影響していて、セックスのときに感じ過ぎて早漏になってしまう人でも、アルコールを摂取してセックスをすることでいつもよりも遅漏になったり、長い時間性交が可能になることもあるようです。

 

女性の膣の中に挿入してから、ピストン運動を開始してもお酒が入っていると神経が麻痺して性感が落ちて、射精がいつもより遅くなる可能性があります。

 

ではどれくらいの量のアルコールを摂取すればいいのでしょうか?

缶ビール1杯から2杯くらいがベストであるといわれています。
それ以上飲むと酩酊状態になる可能性が高く、通常時セックスを楽しむような体制ではなくなります。またセックスをするパートナーにとっても、べろべろに酔っぱらっていたり、お酒臭かったりすると興ざめしたり、セックス自体が苦痛に感じることがあります。

 

またビールやお酒などのアルコールは、一時的にムラムラした気分にしたり、早漏を改善する効果がありますが、長期的に飲酒を続けると確実に精力減退に陥っていきます。

 

ビール

それは肝臓の機能を低下させるとともに精力減退につながってしまうのは、アルコールを飲むとそれを分解しなくてはいけなくなります。
分解するためには、精力増強や勃起に必要な栄養素を多く使ってしまうので、あとで勃起不全になったり、セックスの際ちゅうに中折れしてしまうなどの影響があるということを押さえておく必要があります。

 

 

このようにアルコールには早漏を一時的に改善する作用があるかわりに、お酒を飲み過ぎることを警戒しなくてはならないというポイントがあります。
適度にお酒の力を借りながら、早漏をごまかすことが大切です。

 

また、普段から早漏改善に効果的な食生活を行っておくことも大切です。